TOPICS

Yahoo! JAPAN

賃貸物件での匂いや騒音の対処法

ペット可の賃貸物件の契約

犬や猫を飼っている人や飼いたいと思っている人にとって、引っ越しはいろいろと制限がかかる問題です。当然、貸主がペット可としている物件でないと入居する事ができません。ペットの存在を隠して居住すると、トラブルになる可能性が高いのでペット可の賃貸物件を探す作業は必須になります。ペット可物件と一言に言っても内容は様々です。貸主の出している条件を事前に不動産屋さんとチェックして、条件に適合しているかどうかを確認してもらいましょう。

入居条件は小型犬のみ、鳥やハムスター等の小動物は可、1頭まで可、大型犬まで可、等様々です。条件をクリアするといざ契約となりますが、ペット可の賃貸物件は通常の物件より賃料が割高になるケースが多いため、費用をきちんと確認しましょう。大体、10〜20%割高になるケースが多いようです。

さらに契約時に敷金を納入しますが、ペット可の物件では退去時のクリーニング代として充当されるケースもあります。またマーキング等でにおいがついてしまう、かじり癖で壁の破損がある場合などは別途クリーニング代を請求されるケースもありますので、ペットがいたずらをしないように工夫して暮らすと退去時も比較的スムーズに進めることができます。
Copyright (C)2017賃貸物件での匂いや騒音の対処法.All rights reserved.